埼玉デリヘル風俗業界トップのアストラッチャグループの正社員,アルバイト,バイト求人サイト

上京物語

白川 圭介

白川 圭介

嘘くさいけどホンマの話

オンリースターに入社して良かった事って何なん?って聞かれたらこう答えます。それは、チャンスをモノに出来て、なんか今楽しなった。どうせ暇やん。ちょっと読んでも損はないで!

チャンスってそこらへんにポンポン転がってると思いまっか?正解はYesちゃうしNoちゃうって訳なんです。オンリースターに入る数年、いやもっと前?私がそうだったんですが、自分は絶対にチャンスをモノに出来るタイプの奴なんやって変な自信がありました。まぁ、中二病みたいなもんです。自分を特別扱いして。はぁ~恥ずかし。でも、30歳を迎えた時にアレ?って思ったんです。アカン!!ひょっとして、チャンスって後から気付くんがほとんどやん!!うわぁ、完全に掴めてへんやん。長い人生、もちろん目の前にぶら下がっとったチャンスもありましたけど、そう簡単にモノには出来んかったっちゅうんがほんまの話です。

誰だって攻めに出る時あるやん?
若ければ若いほど。

喋りでわかると思うんですが私は大阪の出身なんです。20代中頃に身の程も知らんと友達に吹いて回っとった事があります。 『関東がなんぼのもんや!いっちょう一旗あげたろかい!』若気の至りって言ってまえばそこまでなんですが、今思えば臆面もなくよう言えたもんです。当時のアホな私は単身関東へ乗り込んだんです。ぶっちゃけ関東進出と聞こえは良いんですが、何のコネも当てすらも無くで、就職どころかアルバイトもままならない。ただ毎日をダラダラと過ごしとったんです。

今になってその当時を振り返ると『あー…あれってチャンスやったなぁー』言えるような瞬間が結構あったように思います。ほんで、今ようやくそれを認める事が出来てるんです。結局、なんやかんやで私の第一回関東進出は皆さんのご想像通りでした。成功する訳なんかない。すごすごと大阪へと逃げるように帰ってまうと言う、一見すると悲惨この上ないけどもありがちな結果でした。

そう簡単に錦は飾られへんねん。
そもそもの話やで。

そんな私にもチャンスが訪れました。結局大阪へと帰て一年近くが経った頃でした。あえてチャンスと言いますが、チャンスは後で気付くもんが殆どで当時はもちろんチャンスやなんて考えてなかったです。

30歳にもなって実家暮らし。それだけならまだ良かったんです。が、実際はかなりひどい!片親の私は還暦を迎えてるオカンの厄介になるだけじゃなく、親孝行どころか僅かなバイト代をなんとか稼いでいる。バイトのシフトは高校生を優先的に入れられて、なんやかんやとちょこちょこ理由をつけてはオカンに金を借りてまうような始末。

正直、認めたくは無い現実が目の前バーンってありました。負け組。負け犬。敗北者。ごっつい重たかったです。常にその言葉が頭にありました。現実から逃げるように、簡単にお金を稼げる仕事はないんかとインターネットとかを使って探してました。変な商材にひっかかってみたり。治験のバイトにチャレンジしてみたり。なんやわからんけど情けないしうだつはあがらんしで…兎に角親元を離れてお金を稼ぎたかった。その二つばっかり考えてました。口には出さんかったですけど、オカンも内心色々と心配もしてたんやたと思います。

そんな時になんでも良いからと飛びついたのがオンリースターでした。その前に何社も面接を受けてたけども高校中退でなんも取り柄のない自分を雇ってくれる会社なんて無かったからです。正直、自分の心の中には《落ちた自分には風俗店員がお似合やで》そんな気持ちがあったんかもしれません。って言うかありました。悲劇のヒーロー気分?

気持ちはごっつ軽いねん。
ただこっちも必死やん?

オンリースターの面接を受けてみようって思ってからは比較的行動早かったと思います。なけなしのお金で夜行バスの切符を買い単身バスに乗り込んで第二回の関東進出を試みました。ただ今度は乗り込むんじゃなくて、お伺いを立てに行く気持ちの駄目もと、31歳を迎えそうな夏前でした。

初めて降り立つ埼玉県春日部市。田舎すぎんと都会でもない。慌しくて、誰もが一生懸命に真面目。それやのに笑いも結構ちらほら。オンリースターのオフィスに着いてドアを開けた時の第一印象です。面接の部屋に一歩入ると、即効で分かるんですが社長が居ました。忘れもしない第一声は『どうも。社長でーす。』

まるで昔から知っとんたんかいっちゅうような話しかけ方で、ガチガチの体からちょッと力が抜けたんを覚えてます。面接と言うよりは人となりを知る為の会話。そんな中身でしたけど一応必死に話しました。かっこ悪くてもええやん、だからやる気だけは負けないアピール。この会社で猛烈に働きたい!なんて気持ちがある訳ない。どこでも良かったんやから。ただ、逃げ込める場所が欲しかった。ほんまそれだけです。その後に簡単なテストを受けてから待つ事15分くらい?やったと思います。時間の記憶は定かじゃないですが、すぐに社長から言われました。『いいよ。とりあえず合格で。いつから来れんの?』軽っ!!『えっ???あっ、すぐに。』答えなんて用意してなかったです。とっさに口から出ていました。っちゅうか出ちゃった?

そこからはトントン拍子で入社の運び。一旦実家に戻ってから、親に話して、引越しの日取りを決めて、お金の無い私はいざ寮へ。かくして私はオンリースターでのスタートをきりました。

これって確変突入か!
ってぐらい嬉しいやん?

今までが助走みたいな話なんですが、そっからの毎日はチャンスに溢れてました。ちょっと大げさなんかも知れませんが、今考えたらそんな感じなんです。後で気付くもん、目の前にあって気付くもん、そして何よりチャンスだと言われたもんもありましたけどもちろん全部をモノになんて出来てません。努力があって、失敗があって、モノに出来た事がようやくあった。ええとこ2~3割?ちょっと泥臭い事言わせてもらえば、何より仲間が上司が諦めずに自分を待っていてくれたんやと思います。それって素敵やん♪

《誰にでもエエ所はある》使い古されたこの言葉は誰でも簡単に言えて、行った人が責任を持ってなかったりします。エエ所を見つけるんは自分なんか?それとも周りの誰かなんかは分かりません。足が速い、顔がエエ、企業とかやったら突出した営業能力とかやったりもします。ただ、誰かが人にその言葉を言う時は励ましもあるけど、結構な確立でほんまは待たんとあかんって言う行動が発生します。実際問題で《誰にでもエエ所はある》だから君を待つ、君を応援する、君に協力するなんて実践するのは相当な労力と根気が必要なんです。ただ、ラッキーな事にオンリースターは創業当時から一貫して社長がその方針を貫いているんやと思います。だからこそチャンスがいつまでも回ってきます。いつまでもです。そう予想以上にいつまでもです。ってか、いつまで待つねんっ!て思うくらい。

立身出世とはちゃうけどな。
順調って言ってもお釣り来んで。

入社してからまずはドライバーを始めました。車を運転してるだけ(ちなみに初心者でした)の私に営業に関する意見を求めてくれる社長。始めてのオペレーター経験で料金やコースすらもしっかりと覚えられてないのにイベントを考えてみろって当時の幹部社員に言われてみたり。ようやく女の子の管理を覚えた頃に新しいコンセプトの店ってないかなとか?って会議に参加してみたり。ハッキリ言って無茶やって初めは思いました。それに「やばい。しっかりした事かんがえんと」とかって。でも、明日までに考えて来い!とか、考えないと減給だ!降格だ!評価下がるぞー!ってもんでもなかったんです。

ぶっちゃけ正解なんて無かったし、何度も言われるから、聞かれるから、思えばチャンスがぶら下がってただけでした。で、あかんくてもまた直ぐぶら下がるんです。目の前に。しかもチャンスって言われて。それで2~3割くらいをものにするんです。

過去あっての今やん?
誰にでも言って、言わせてもらう

さて、今の私はと言えばなんですが。HOTな仲間に囲まれて部長と言う役職に就かせて貰ってます。たいした取り柄もない私だと思ってましたが、チャンスに巡り合えて、エエ部分っちゅうのを引き出して貰えて、やる気満開でずっと頑張ったんです!! って言いたいとこですけど、やる気だけはたまに引き出しきれてない時もあるんですが…

まぁ、言えるんは、あん時ああしとけば良かったとか、あれ失敗したなっちゅうような事も振り返る今と言う時がエエか悪いかで決まるんやと思います。

きっかけ!なんて無くてもええやん?
無理くり作ろや!

読んでくれてる人の中でもやっぱりまだ、『でもなぁ~』とかって思う人って居ると思います。だからきっかけは作るんです。自分で作ってまいましょ。後付でもええんやと思います。例えば私は映画がめっちゃくちゃ好きです。私と映画談義がしたいとかどうでもええような理由でも良いと思いますし、埼玉を見た事ないとかでも全然OKなきっかけやと思います。ほんまにきっかけなんかは何でもええと思うし、とりあえず一歩踏み出すんが大事やわ。最悪半歩でも、ほふく前進でもエエ。

君が成長するって事は
会社も仲間も同じやで。

最後になりますがこれからオンリースターに入ろうかって思ったりしてるけど、ちょっとだけでええから背中押して欲しいなって人に言います。あなたはまだまだ育ち盛りの子供やと思います。デリヘルを経営している会社の経験者なんて殆どおらんのです。もしおったとしてもオンリースターは既存のデリヘル店とは一線を画してます。だから皆が未経験。強引ですけどそうなんやと思います。でもオンリースターと言う会社かてまだまだ子供です。求めてるんは即戦力のバリバリ経験者!何でも卒なくこなしまっせ!!ってな奴じゃないです。もちろんおったらありがたいですけど、求めてるんはあなたのポテンシャルなんです。やる気なんです。一歩踏み出してきた勇気を私に仲間にほんで是非オンリースターに買わせて下さい。

もちろんエエ事ばっかやないけどエエ事の方が多いとは胸張って言える!!

きっかけの一つなればと思い。私のトリセツを載っけておきます。似た成分、同じ成分があったんなら、いざ面接へ

私の取扱説明書

品名
ナチュラル浪速人間
標準栄養成分表
一食(68㎏)辺り
原材料名
男性
エネルギー
1626kcal
内容量
68㎏(体脂肪17%)
脂質
19.20%
骨量
2.8kg
筋肉量
29.1㎏
BMI
23
製造年月日
52.9.28
賞味期限
80年前後。
保存方法
春・夏
においがきついもののそばや高温多湿を避け開封後は冷暗所に保管する事
秋・冬
常温で保存して下さい。
使用方法
  • ご使用前には頭を良く振って目覚めさせて下さい。
  • コーヒーを一杯注ぐと素早く起動します。
  • おだてるを使いますとスムーズにコントロールが出来ます。
  • 使わない時はしっかりと充電して映画を見せると長持ちします。
製造地
大阪府寝屋川市
販売元
(有)オンリースター

取り扱い上の注意

故障かなと思ったら?

電源が入らない
目のライト部が発光しているか確認し、していなければスリープモードの可能性があります。しばらく経ってから電源を入れて下さい。
腹部から異常な音を発している
燃料が切れている可能性があり、モーター部分がカラ元気で作動している可能性があります。水と500円程度の食事補給をして下さい。
起動後に動かなくなった
心や体を痛めている可能性があります。優しく諭して再起動して下さい。

OTHER CONTENTS